視覚障害をしっかりサポート!『井上眼科病院グループ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視覚障害をしっかりサポート!『井上眼科病院グループ』

 視覚障害をお持ちの方は、自治体等のサービスを受けられます。

 視力・視野の程度により、障害が認定され、該当する方は、申請の手続きができますので、市区町村で、「身体障害者診断書・意見書」と「身体障害者手帳交付等申請(届出)書」をもらい、「身体障害者診断書・意見書」を病院へ提出する必要があります。

 病院の書類作成費用として\5,000の費用がかかりますが、助成される場合がありますので、市区町村への問い合わせが必要です。

 書類が揃ったら市区町村の申請窓ロヘ提出します。提出書類は以下の通りですが、市区町村により、若干異なる場合がありますので確認しましょう。

(印鑑、写真、身体障害者手帳交付等申請(届出)書、身体障害者診断書・意見書)

 認定後、身体障害者手帳が交付され、その後、受けられるサービスの内容は、障害の程度や市区町村で異なりますので自治体にお問い合わせ下さい。

(医療費の軽減、税金の軽減、補装具の交付、交通機関の割引等)

 また、視覚障害にも適応できる障害年金をご存知ですか?

 次の方が一定の視力障害・視野障害になった時、障害基礎年金・障害厚生年金、または、障害手当金がおりる場合があります。

1.国民年金、厚生年金に加入中の方

2.過去に一定期間以上国民年金に加入していた方で60才以上65才未満の方

3.初診日の時点で20才未満の方(年金加入とは無関係)

 また、現在、障害に該当する程度でなくても、その後、障害が悪化したり、他の障害と合わせて適用される場合があります。

 受付または医療相談コーナーでは、「障害年金の種類について」「障害年金請求手続きについて」の説明書が用意してある場合があります。

Photo by lenifuzhead

 一般的な眼科治療と併せて、障害をお持ちの方の治療に関しても、さまざまな取り組みをされているのが、『井上眼科病院グループ』です。

 『井上眼科病院グループ』は、従来は、医師がその知識や技術を一方的に患者側に押し付け、患者自身はどういう経緯で、検査、治療が行われているか、ほとんど知らされない受身の状態にある医療が長らく行われてきた「お医者さまと患者」という関係を見直し、病院をひとつのサービス業と位置付け、医師、看護師および他の職員全員が、「患者さま第一主義」をすべてに優先する判断の拠り所としています。

 医師は専門的知識や技術を、患者の要請に従いながら提供する専門職と考え、検査治療の過程にも可及的「説明と同意」(informed consent)のプロセスを導入する方針で、医療を進めています。

 従って、患者は提供された専門的情報を反芻吟味することで、治療法の選択決定にも深く関与できる体制の確立を目指しています。

 地域小・中学校の学校医として、地域児童や生徒の目の健康を管理を行い、また、神田保育園の園医や、多数の企業の出張眼健診、VDT健診を受け持っています。

 また、診療圏の眼科診療所との病診連携を深めるため、病診連携室を設置し、診療所で十分にはすることができない、検査や手術を含めた治療を行い、経過観察を地元の診療所でしていただくシステムの構築を進めながら、近隣地区の人口の減少による眼科診療所が比較的少ない地域では、地域診療所としての役割も担っています。

 そのため、『井上眼科病院グループ』では、医師はより専門性を高め、高度かつ根拠に基づいた医療(evidence-based medicine)ができるよう研鑚を課す一方、単に経験則などによる独断専行ができないように、他の医師や職員によるチェック、さらに患者さまの評価も加えた、新しい客観的評価システムを導入しています。

 学会への発表や参加、学術誌への論文発表、医局内での症例検討、日々の診療録の同僚医師によるチェック(peer review)を励行、同様に、医師以外の職員においても、教育プログラムを作成して実行します。

 日常のチェック機能が働き、日誌などにより日々院長に報告される制度があるほか、人事考課における他者評価を積極的に行い、医師においては、特に患者さまからの評判も高い比重で考課の対象としています。

 また、患者さまの安全管理を充実する意味で、医療安全管理委員会、院内感染防止対策委員会、および必要な臨時委員会を定期的もしくは臨時に開催し、適宜現システムの改善に取り組んでいます。

 新しい時代の医療にかなった、医師と患者さまとの関係を確立している『井上眼科病院グループ』の活動に、これからも注目したいですね。

※参考資料:
『井上眼科病院グループ』
http://www.inouye-eye.or.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする