W手洗いについて

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第131回

 今回は、W手洗いについて。

 みなさん、あけましておめでとうございます。本年もチャレド、そしてビトケンをよろしくお願いいたします。

 さて世界中で大寒波が押し寄せている今週、やはり心配になるのは風邪やインフルエンザなどのウィルスですよね。昨年同様、足湯や入浴、それから体を温めるものを食べてもらいたいのはもちろんですが、先だって美容ライターの友人が取材でお医者様から教わったという風邪対策を教えてもらったので今回はそちらをみなさんにご紹介しますね。

手を洗うphoto credit: Todd Baker << technowannabe via photopin cc

W洗いですよ

 何かと言うと“W手洗い”!

 実は彼女、ものすごくアクティブでFACEBOOKなどでさっき埼玉にいたかと思うと、今は鎌倉にいて、夜は2回もフルコースを食べてる~という過酷なスケジュールの人なのですがとにかくいつも仕事しているんです。それで何か飲んだりなど秘訣があるのかな?と思って聞いたら出てきたのがこれ。

 やり方はとても簡単で外出先で化粧室に行った際に必ず石鹸で手を2回洗うだけ。たったこれだけの手間でこの“W手洗い”を教わってから10年、一度も風邪をひいていないのだそうです。因みにうがいは家に帰った際に一度くらいといっていたので“W手洗い”、恐るべし!という感じです。

 ところでなぜ2度、それも手洗いなのか?というと、ウィルスや菌って、手から体内に入ることが多いのだそうです。「え~、手から?」と思うのですが、意識してみると案外手を口元に持っていってることって多くないですか?原因はこの無意識の動作だそう。そこで手の方をケアすることで無意識の動作から体内に入るリスクをヘッジしてしまおうというのが“W手洗い”なんだそうです。

 洗う回数が2回というのは一回では手についている悪いものがまだまだ残っているということだそう。最近は洗面所に除菌アルコールを設置してある所も多いので一回手を洗った上に除菌アルコールでもいいかもしれないですが、基本は石鹸で2回というのがオススメだそう。石鹸なら除菌アルコールがない場所でもだいたい設置されていますしね!

 ということで寒さに負けず、元気で過ごせるように“W手洗い”で予防をする習慣をぜひ取り入れてみてくださいね♪

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする