躍動感たっぷり!『JBFAとブラインドサッカー』

よかったら、シェアして下さい。

躍動感たっぷり!『JBFAとブラインドサッカー』

 『ブラインドサッカー』とは、イマジネーションとオリエンテーションを駆使した、5人制サッカーのことをいいます。

 また、視覚障害者と健常者が同じフィールドでプレーすることのできる、ユニバーサルスポーツでもあります。

 B1クラスとB2/3クラスという二つのカテゴリーがあり、B1クラスではアイマスクを装着します。

 普通なら情報の8割を得ているという視覚を奪われながらも、驚くほどのプレーをする選手たちが存在し、多くの試合で活躍しています。

 B2/3クラスは、弱視者と晴眼者がともにプレーできるフットサルのことをいいます。

 『ブラインドサッカー』は、パラリンピックや世界選手権などの国際大会も盛んにおこなわれており、日本も、徐々にレベルアップをしているスポーツです。

 国内でも、地域でのリーグ戦や日本選手権など、さまざまな試合が開催されています。

 もともとは、1980年代初頭に開発され、ヨーロッパ、南米を中心に広くプレーされてきた『ブラインドサッカー』ですが、現在プレーされている『IBSA(International Blind Sports Federation:国際視覚障害者スポーツ協会)』の国際ルールが日本に上陸したのは、2001年のことです。

 それまでは、盲学校で独自のルールを考案しつつ、それぞれのルールを用いてプレーをしてきたのが、日本での『ブラインドサッカー』の歴史です。

 90年代には、千葉県立千葉盲学校で「ペガサス」というチームが発足し、テレビなどのメディアに取り上げられ、社会的な注目度も徐々に上がってきました。

Photo by teamstickergiant

 2001年9月、当時アジアでは唯一『ブラインドサッカー』を導入していた韓国に、「視覚障害者の文化を育てる会」を中心とした視察団が向かいました。

 アイマスクをした選手が自由に走り回る、素晴らしいプレーを目の当たりにし、日本でも是非、『ブラインドサッカー』を広めたいとの願いから、国内で『ブラインドサッカー』普及がスタートしたのです。

 スタート時に手元にあったのは、数本の『ブラインドサッカー』の試合映像と、英文のルールなど、ほんのわずかな資料だけでした。

 しかし、多くのサポーターの協力により、2001年11月11日に、『日本視覚障害者サッカー協会』(JBFA)の前身となる、「音で蹴るもうひとつのワールドカップ実行委員会」の発足式が、大阪で晴れて開催されたのです。

 2002年5月には、韓国・ソウルにて行われた『日本 対 韓国』、同年の8、9月には、岐阜、高山、神戸で行われた『日本、韓国、ベトナム』の3ヶ国による、『アジアフレンドリーシップカップ』を経て、2002年10月に、『JBFA』が正式に発足しました。

 その後、『ブラインドサッカー』は、急速に全国に普及していきます。

 2003年3月9日に、東京・多摩にて初めての全国大会となる『第1回日本視覚障害者サッカー選手権』が実施され、全国から4チームが参加しました。

 以降、毎年行われる『日本選手権』をはじめとし、東日本、西日本選手権など各地で盛んに試合が行われ、参加チーム数も年々増えています。

 地域大会も、関東リーグ、関西リーグ、東北北信越リーグ、九州四国リーグと4つの地域に分けられ、地域リーグの上位チームが出場できる「フィアットカルチョ」(旧プライムカップ)も行われ、多くの選手が汗を流し、さらに多くのサポーターに支えられ、素晴らしいスポーツに成長しています。

 躍動感あふれる『ブラインドサッカー』の試合を、是非一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

※参考資料: 『JBFAとブラインドサッカー』
http://www.b-soccer.jp/
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

フォローする