もうすぐ解禁。ひやおろしって何?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第147回

 今回は、“ひやおろし”について!

 みなさん、こんにちは♪

 9月になりましたね。

 やたらと蒸したり、雨の多い夏でしたがここ数日はいきなり秋めいた涼しさになり、やっと過ごしやすくなったと思いつつ、急な寒暖差で風邪を引いてしまった方などもいらっしゃるのではないでしょうか?

 さてそんな9月といえば9月9日の「重陽の節句」という季節行事がありますが、実はこの日、他にもちょっといい季節行事があるのをご存知ですか?それがボジョレーならぬ、日本酒の「ひやおろし」の解禁なんです。

お酌

一献、一献、また一献

 これは春に仕込んだお酒をそろそろ“冷えてきたのでおろしましょう”ということから始まった習慣だそうで、昔は9月9日といえば十分、涼しい、肌寒い時期だったのだそうです。今では9月はまだまだ夏真っ只中といった暑さの日が多いですからちょっとしっくりこなかったりしますね。(でも今年はもしかしたら従来の気候で味わえるかもしれません)

 そんな“ひやおろし”、重陽の日に飲むのであれば杯に食用菊の花びらを一枚浮かべて飲むといいですよ。

 ところで昨今、ワインブームに押され、日本酒離れが叫ばれておりますが実はワイン同様に体によいというのをご存知ですか?昔から「酒は百楽の長」という言葉があるように適量であればどんな良薬よりも効果があるといったことがいわれています。実際、この言葉がどのくらい本当なのか?ということで東北の方で調査をしたところ、長生きされている方の多くが毎晩晩酌をする習慣を持っていることが解ったそうです。量については一晩に3合までは飲んでもいいというデータもあるとか(あっ、決して3合飲まないといけないということではないですよ。それからお酒が飲めない方やお医者さまから止められている方は無理に飲まないでくださいね)

 これ、世界的に有名な“地中海式食生活法“で説かれているお酒の飲み方とよく似ていて、地中海式ではワイン(特に赤)は一日にグラス3杯までは飲んだ方がまったく飲まないよりもよいと勧められています。(もちろんこれも無理にではないのであしからず)

 これらはワインもそうですが日本酒にも昨今、含まれていることが解ったポリフェノールの効果や体が温かくなること、血行がよくなること、気持ちが開放的になってストレス解消になることなどから言われているそうです。

 ということで来週は今年の“ひやおろし”が解禁になります。ぜひ楽しいお酒を飲まれてみてはいかがでしょう?

 飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする