知ることからはじめよう!『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』

よかったら、シェアして下さい。

知ることからはじめよう!『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』

 

 家庭や職場など、人が集まる場所では必ず人間関係が存在します。毎日のちょっとした気持ちのずれや、体調が良くない時にストレスをもたらす問題が起こってしまい、それが長引いた場合、こころが病気になってしまう場合もあります。それも、自分も周りも気がつかないうちに、です。

 

Photo by Monica Palermo

Photo by Monica Palermo


 『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』は、こころの健康や病気、支援やサービスをサポートしているホームページです。ストレスやメンタルヘルスという言葉をよく耳にするようになり、こころの健康づくりは身近なテーマとなっていますが、こころの病気についての理解はまだ十分とはいえません。こころの病気には様々な種類があり、その症状や治療方法も異なります。『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』を使って、こころの健康や病気について正しく理解し、自分のこころや家族のこころ、また、職場の人々のこころの動きにも関心をもち、快適なこころの環境をつくるサポートにしてみてはいかがでしょうか。

 

 こころの病気に適切に対処し、自分やまわりの方たちが、もしもこころの病気を抱えていたとしても安心して暮らしていくためには、みんなが、こころの病気を正しく理解することが大切です。『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』では、こころの健康や病気について、次のように紹介しています。

 

1.まずは、こころの病気についての理解を深めましょう。

 

 こころの健康に関心のある人は多くても、こころの病気となると、自分とは関係ないと思ってしまうことも少なくありません。こころの病気について、正しい理解を深めましょう。

 

2.毎日のセルフケアで、こころを元気にしておきましょう。

 

 こころを健康に保つには、セルフケアがとても大切です。こころの健康に大切な生活習慣のポイントや、リラクセーションのコツなど、日頃から気を付けることができる、こころのセルフケアを身につけましょう。

 

3.こころの病気と上手につきあっていきましょう。

 

 こころの病気には、誰もが、いつのまにか、かかってしまう可能性があるものなのです。そのため、こころの病気のサインに普段から注意しておくことが大切です。また、もしもこころの病気になってしまった場合、どんな治療が必要なのかを知っておくと、怖がらずに早めにお医者様にかかることができ、重くなる前の早めの回復が期待できます。また、自分ではなく、家族の方や職場の同僚がこころの病気になってしまった場合、どのように接したらよいのだろうか・・・と悩まれる場合も少なくありません。こころの病気のサポートの方法や基礎知識も得ておくといいでしょう。

 

 『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』では、こころの病気について、段階を踏まえながら基礎知識からサポート体制まで、丁寧に解説しています。同時に、治療や生活へのサポート、国の政策や方向性、専門的な情報や、ケーススタディも豊富です。ストレスフルな現代では、普段からこころの病気の知識を得ておくことはとても重要です。その上で、日頃から簡単にできるメンタルケアを行い、心地よく、気分を切り替えながら、人生を楽しんでいきたいですね。

 

※参考資料:
『厚生労働省 みんなのメンタルヘルス』
http://www.mhlw.go.jp/kokoro

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

    None Found

よかったら、シェアして下さい。

フォローする