春はデトックスの季節、火鍋がいいですよ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第159回

 今回は、火鍋について!

 みなさん、こんにちは。

 今年も3月。昨日の雛祭りはどのように過ごされましたか?

 さて春と云えばデトックスの季節なのをご存知ですか?春に山菜を食すのもその一環だということは以前もご紹介しましたが雛祭りに飾るものにもデトックス効果を込めたものがあるんですよ。ピンク、白、緑の色が美しい菱餅がそうなのです。現在は人工着色料で色づけしたものも多いのですが、昔はピンクはくちなし、白は菱(なんと単にお米の色かと思われがちな白い部分も染というか、色付けがされているんです!)、緑は蓬とそれぞれデトックス効果のある植物で色付けがされていて、山菜同様に春に食べることで体内に冬の間に溜まった毒素を排出する働きを持たせているんです。

火鍋

熱々の鍋! photo by WORDpro

 そんなデトックスを積極的にやりたい春におススメなのが火鍋。元は中国の北方やモンゴルなどの地方で食べられていたものがモデルなど、オリジナルには諸説ありますが、最近は日本でもあちらこちらで頂けるようになりました。

 種類も一般的な陰陽マークに2つに分かれているお鍋で2種類のスープでいただくものや3つ又のお鍋のもの、一種類のお鍋で真っ赤に煮えたぎったラー油のような辛いスープでいただく重慶火鍋などさまざまです。

 その中で特にデトックス効果が期待できるのが一般的な火鍋で供される赤いスープの方。いろんな生薬が浮いている方のスープです。時々浮いているものを間違って食べてしまって「苦い」とか「硬い」といった経験のある方もいらっしゃるのでは?

 これらの生薬もお店によって何を入れるかはそれぞれブレンドが違うのですがだいたいの場合に入っている「とうがらし、花山椒、丁子ににんにくや生姜、あと高麗人参や田七人参」などはいづれもデトックス効果があると言われている生薬です。生薬をスープに入れて煮だすことでエキスが存分にスープに溶け出ていますので辛いものは苦手という方も少しでいいのでぜひ赤い方のスープもいただくようにしてみてください。(白いスープと半々に混ぜると辛さが緩和されて美味しくいただけます)。

 これらの生薬は他に消化を促進したり、免疫力や抵抗力をアップする効果もあるといわれているのでこれからの花粉症の季節に備えた体力作りにもいいですよ。

 もちろん自宅で火鍋スープ作りに挑戦してみるのもありです!

 美味しくデトックスして、楽しい春をお過ごしくださいね。

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

あわせてどうぞ:

    None Found

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする