知っておこう!『災害用伝言板』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておこう!『災害用伝言板』

 

 毎日、つつがなく生活していると、平和な日常がずっと続くような感覚を持つことがあります。しかしながら、地震や豪雪といった災害が、いつなんどき発生するかもしれないことを、常日頃から認識しておくことはとても大切です。もしも災害が起こった際には、まずは身の安全を確保することが重要ですが、それと同様に、自らの安全を家族や近しい方に伝えたり、逆に、家族や近しい方の安全を確認するために、国や自治体以外にも、各通信会社では、さまざまな対策を行っています。

 

 『災害用伝言板』は、そうした対策の中のひとつとして、多くの方々の災害時のサポートを行っています。『災害用伝言板』とは、災害時において音声発信が集中することでつながりにくくなった場合に、電話をかけた方のメッセージをお預かりし、伝えたい相手にメッセージをお届けするサービスのことをいいます。登録されたメッセージは、携帯電話のほか、インターネットを通じて、携帯電話やパソコンなどから確認することができます。また、知人やご家族のEメールアドレスを設定すると、『災害用伝言板』にメッセージが登録された際には、自動でEメールを送信します。

 

 『災害用伝言板』は、各通信会社それぞれが設定機能を持ち合わせているので、各社それぞれの携帯電話から安否情報の登録・確認・設定を利用することができます。安否情報の確認は、他社それぞれの携帯電話やパソコン・ iPad を含めインターネットから、どなたでも利用することができます。また、家族や知人が異なる通信会社の携帯電話を使用して『災害用伝言板』で安否情報登録を行った場合でも、異なる通信会社の携帯電話やパソコンがそれらの情報を受け付けるため、スムーズに安否情報を確認することが可能です。

 

 詳しい利用方法は、各通信会社の『災害用伝言板』のページに設定方法が詳しく記載されていますので、それに従って落ち着いて設定するようにしましょう。

 

『災害用伝言板』

・ドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_board/

・ソフトバンク

http://www.softbank.jp/mobile/service/dengon/about/boards/

・au

http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/saigai-dengon/

 

Photo by whiteafrican

Photo by whiteafrican


 こうした対策は、いざ災害が起こったときには多くの方が一斉に使用する可能性があります。スムーズに使用する訓練を普段からしておくことで、迅速に設定し、多くの方が機会を分け合いながら緊急時のインフラを共有することができます。多くの人々とともに助けあいながら乗り切るために、『災害用伝言板』をはじめ、日頃からこうした機能説明を読んで理解しておくことが重要です。

 

 まわりの方と話しながら一緒に設定を把握しておくことで、ともに災害準備を行っていきたいですね。

 

※参考資料:

『災害用伝言板』

・ドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_board/

・ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/service/dengon/about/boards/

・au
http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/saigai-dengon/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

    None Found

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする