意外と簡単につくれるフレーバーウォーター

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第164回

 今回は、フレーバーウォーターについて!

 みなさん、こんにちは。

 まだ5月だというのに時々、夏の日射しを感じる今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしですか?

 既に真夏日も何度か到来で、熱中症で運ばれた人もありましたね。

 そこで今日ご紹介するのが夏場の水分補給を楽しくしてくれる“フレーバーウォーター”です。

溢れ出す水

いろんな種類がありますね

 元々デトックス目的に流行し始めたもので、ミネラルウォーターにただフルーツや野菜、ハーブを入れるだけという簡単につくれるフレーバー付きのお水です。

 例えばむくみがちな方は利尿作用のあるきゅうりを入れたお水を、胃が弱い人や食べすぎたな~という時、あとお肉を食べた後にはミントを入れたお水を、そしてこれからの季節だとメラニン生成を抑え、美白作用のあるビタミンCをたっぷりと摂取できて、老廃物を出しやすくしてくれるレモンを入れたお水を、冷えとデトックスを共にしたい方は生姜やシナモンスティックを入れたお水をといった感じです。

 作り方は500mlの水に好みの材料を入れて24時間置くだけ。材料の量はお好みでといったところなのですが目安としてはきゅうりならまずは1/2本、レモン、ライム等は1/2個くらいから試してみてそれぞれお好みの状態に調整してみられることをおススメします。最近は市販のものもありますが、自分で作った方がすべて自分の納得した材料で作れるので安心ですよね!新鮮さという意味でも簡単なのでホームメイドにぜひ挑戦してみてくださいね。

 そして少し慣れてきたら2種、3種と一緒にお水に入れるレシピもありますし、果物を使うとほんのり甘味もつくのでより飲みやすくなりますので幅を広げるのも楽しいですよ。

 夏場は自分が思っている以上に体から水分が抜けています。「私は内勤で汗をかかないから関係ないかも?」と思われる方いらっしゃるかもしれませんが、内勤の方はずっとクーラーの効いたお部屋にいらっしゃるので、外で活動して太陽の光や暑さで水分を消耗している方同様に結構、水分が奪われてしまっているのです。

 以上のようなことから夏は他の季節よりも意識的に「水」の摂取をすることが必要なのですが、いくらお水を飲まなくてはいけないと解っていてもそうそうお水ばかり飲めるものではないのも正直なところ。

 そんな時に少し味覚が変わったり、目先の変わるフレーバーウォーターはとてもおススメなお水の飲み方です。+α、それぞれ体にいい効能が入っていると思うとお水を飲むのが得をした気分にもなりますよね。

 ということでまずは簡単なものから試してみるのはいかがでしょうか?

 
飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする