デンマークの暮らしと「ヒュッゲ」(29)

よかったら、シェアして下さい。

デンマークの11月は、秋から冬の境を漂う月です。気温は5度前後、小糠雨や湿り気の多い日が続き、夕方になる前から薄暗くなります。ハローウィン開園最終日の翌日からの二週間、「チボリ」の園内はハローウィンの撤去とクリスマスの飾り付けの準備に大童でしたが、11月19日にクリスマス開園が賑やかに幕開けしました。

「チボリ」は、1843年から1993年までの150年間、4月から9月までの夏季限定で開園される文化施設だったため、10月から始める独自の「チボリ暦」が使われてきました。「チボリ」創業一周年記念として1844年に発足した「チボリガード」でも「チボリ暦」は健在で、10月から新しい年が始まり、夏季開園最終日の松明パレードで一年が終わります。

新規メンバー構成での公演活動は、一ヶ月半近くの練習を重ねた11月下旬のクリスマス開園から始まります。開園の幕開け行事は「チボリガード」鼓笛隊による祝賀記念演奏。鼓手長に率いられ8 歳から10歳前後の子ども達による愛らしい演奏で、正門前でオープン直後の入園を待ち構えている人々を歓迎します。

初日の夕方にはクリスマスツリーの点灯式が行われます。「チボリガード」吹奏楽隊の少人数編成「チボリガード・バンド」によるクリスマス曲の演奏などが行われた後、ツリーが点灯されます。暗闇の中、カウントダウンでクリスマスツリーが点灯する瞬間はとても華やかです。

クリスマスは国を挙げて一年で最も楽しみにしているお祝い行事なので、「チボリ」もクリスマスを待ち侘びる人々で賑わいます。開園初日の翌日11月20日には「チボリガード」が総勢でコペンハーゲン市街の目抜き通りを伝統あるマーチとクリスマスの音楽でパレードし、人々の目と耳を楽しませました。

「チボリ」のクリスマス装飾は、さまざまな灯りと飾りで彩られ、幻想的な美しさです。スパイスがよく効いたホットワイン「グルッグ」や、デンマークの伝統ワッフル「エーブルスキーバ」、シナモンを効かせたアーモンドの砂糖がけなど、クリスマスを待つ時期に楽しむ飲みものやお菓子があちこちに用意され、クリスマスを待ち望む雰囲気を盛り上げます。

クリスマス開園は特別感が高く、楽しむことがたくさんありますが、遊園地ゾーンも賑わいます。「愉快なコーナー」と呼ばれている遊園地ゾーンには、「チボリ」らしい雰囲気がたっぷりの可愛らしいアトラクションが並んでいます。

ここには1906年創業で北欧風堅焼きワッフルが名物の「ワッフル・ベーカリー」という店も並んでいます。元々、名物の堅焼きワッフルは、熱いうちに円錐状に成形し、その中にふんわり泡立てた生クリームを入れ、フレッシュなベリーをトッピングして売られていました。戦後、精選された材料で作られる自家製アイスクリームがラインナップに加わりましたが、店の名前にもなっている堅焼きワッフルは、100年以上変わらないレシピで焼かれ、上質なアイスクリーム・コーンとして定評があります。

© Tivoli

この店では、夏半期、アイスクリームに長い列ができますが、クリスマス開園では、デンマークの伝統ワッフル「エーブルスキーバ」が、毎日大量に焼かれています。「エーブルスキーバ」は、中世からの歴史を持つ伝統的な焼き菓子です。まんまるに焼かれたワッフルは、粉砂糖とジャムをつけながら手で摘んで食べるのがお約束です。

「ワッフル・ベーカリー」の並びには、帽子屋さんや靴屋さんなど、古い時代の看板が並ぶ「煙小路」があります。微妙な傾斜がついた狭い道には、昔のよろず屋さんをイメージした店が賑やかに並び、魔法の国に入り込んだような不思議な雰囲気が楽しめます。

この小路に並行しているのは、100年以上昔に設計された、名物の木製ジェットコースターです。現在も使われているジェットコースターとしては世界で最も古いものの一つですが、「チボリ」を訪れたら必ず楽しむアトラクションとして絶対的な人気を誇っています。

© Tivoli

木製ジェットコースターの近くには、175周年記念として導入されたアトラクション「チックタック」があります。時計が作動する音にちなんだ名前はモチーフとなっている時計に由来し、時や空間を超えた旅をイメージして設計されています。最新の技術が導入されているアトラクションと世界的にも最古となるアトラクションが同じように使われている、それは「チボリ」らしい魅力の一つだと言えます。

今回の音楽は、「チボリガード」鼓笛隊のために作曲された2曲『愉快なコーナー』と『煙小路』をご案内します。「チボリガード」で楽曲の編曲やオーケストラの指導を担当する音楽家ヘンリック・マッセン氏の作曲です。楽器を習い始めて1、2年の子どもたちで編成される鼓笛隊によるピッコロとマーチ太鼓での愛らしい演奏をお楽しみください。

締めくくりは、「チボリ」の歴史的な木製ジェットコースターを主題にした曲『ジェット』です。王立近衛兵吹奏楽隊の主任指揮者であり作曲家でもあるデイヴィットM. A. P. パルムクエスト氏の作品です。「チボリ」のジェットコースターを音楽でお楽しみいただければ嬉しいです。

Foto: Jan Oster  チボリマップ © Tivoli

執筆:くらもとさちこ

広島県出身。コペンハーゲン在住。

30年近くのデンマークでの暮らしの中で、幅広い文献に目を通し、北欧の食文化と「ヒュッゲ」への造詣を深める。デンマークの高等教育機関で健康と栄養の学位を取得後、料理講座の主宰、法人・教育機関で食育や献立に関するアドバイザーを務める。近年は、デンマークの文化や暮らしを日本に紹介する活動を行っている。

<ご案内> インスタグラム@tivoli.og.tivoligardenで「チボリ」と「チボリガード」の折々の様子をご紹介しています。また、www.kuramoto.dk および @sachikokuramoto.dkでは、デンマークの暮らしや食べごとについて投稿しています。フォローやメール登録で応援していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください